読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東芝 REGZA M500Xを購入

PS4 Proを購入後どうしても4K環境が欲しくなったので、値段が手頃だった東芝の4Kテレビ「58M500X」を購入しました。

価格はJoshin webでクーポン諸々を使って14万ちょっと。エントリーモデルのため機能は高価格帯に比べ色々と劣るとのことでしたが、以前使っていた同じく東芝REGZAの「40S5」も低価格帯のテレビだったのでそこら辺は気にせず購入に踏み切りました。

f:id:jolnojojo:20161226001630j:plain

公式サイトの寸法図(https://www.toshiba.co.jp/regza/lineup/m500x/design_02.html#dimensions_58)によると、 

  • 外形寸法:幅130.0cm×高さ81.6cm×奥行き20.2cm
  • 画面サイズ:幅127.0cm×高さ72.1cm/対角146.1cm

となっています。設置初日はあまりの大きさにやらかした感が半端なかったんですが、それも最初だけで一週間も経つと慣れてしまいますね。次は65型でもいいかなと思っています。

f:id:jolnojojo:20161225203445j:plain

f:id:jolnojojo:20161226000716j:plain

裏面の接続端子部分はこんな感じ。

HDMI4つにコンポジット接続端子もあるのでゲーム機の接続端子が足りないということはそうそう無いと思います。

USB端子が録画用以外にもう1つ付いているのが地味に便利。クラシックミニの電源はここから取ってます。

f:id:jolnojojo:20161225203450j:plain

リモコンはこちら。軽くて押しやすいです。

f:id:jolnojojo:20161225203456j:plain

リモコンの設定ボタンを押すとこれらの項目が出てきます。

f:id:jolnojojo:20161225213345j:plain

こちらは映像設定を選んだ画面。

ゲームモードなのでなめらか調整は選択できないようになっています。

なめらか調整は、「オフ」「スムーズ」「クリアスムーズ」と三種類の設定が選べ、スムーズの二種類は4Kテレビならではのヌルヌルとした映像になります。

f:id:jolnojojo:20161225213350j:plain

f:id:jolnojojo:20161225213348j:plain

 映像メニューでは細かく設定が用意されています。

f:id:jolnojojo:20161225203455j:plain

音声設定はあまりいじっていないのでよく分かりませんが、結構細かく設定できるっぽい?

f:id:jolnojojo:20161225203457j:plain

機能設定を選択後の画面。

f:id:jolnojojo:20161225203506j:plain

外部入力設定の画面です。PS4 ProやXbox one Sを4K表示させるためにはHDMIモード選択を通常モードから高速信号モードに変更する必要があります。

f:id:jolnojojo:20161225212106j:plain

変更前

f:id:jolnojojo:20161225212112j:plain

変更後

こうなればOK

 

M500Xにはコンポジット接続端子も付いているので、PS3Xbox360以前のゲームも遊ぶことができます。

f:id:jolnojojo:20161227223641j:plain

ドリームキャストMARVEL VS. CAPCOM 2

f:id:jolnojojo:20161227223647j:plain

PS2エースコンバット5。こちらも文字が潰れることなく出力されています。

f:id:jolnojojo:20161227223648j:plain

最後にゲームキューブスマッシュブラザーズDX。こちらもほぼ問題なし。

最新のテレビでも昔のハードが現役で使えるのは嬉しいですね。