読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Xbox one Sを購入

年末にXbox one Sを購入しました。

もともとはXbox Scorpio待ちでXbox one Sは買わないつもりだったのですが、シンゴジラのブルーレイラインナップに4K版が入っていることに気づき急遽購入しました。

夏に君の名は。とセットで物凄くハマっていたので4Kで出るとあらば買うしかなかった。

f:id:jolnojojo:20170109021134j:plain

今までのXboxに比べて箱が小さかった印象です。

Wii Uの箱と同じくらいでしょうか。

f:id:jolnojojo:20170109015921j:plain

f:id:jolnojojo:20170109015927j:plain

本体、コントローラー、電源、HDMIケーブル、HALO5(ディスク版)、HALO TMCC(ダウンロード版)が付属しています。

自分含め買い替え組の方たちは、この2作に関してはもう購入済みの場合がほとんどだと思います。

日本で売れていないのでしょうがないですが、HALOパックだけでなくGearsやマイクラパックも販売してほしかった…

f:id:jolnojojo:20170109015932j:plain

Xbox oneとの比較。PS2PS2 90000の比較を思い出します。

公式サイトによると本体は40%面積が減っているとのことです。

それに加えて羊羹も内蔵なので本当にコンパクトです。

f:id:jolnojojo:20170109015944j:plain

PS4 Proと大体同じくらいのサイズです。

f:id:jolnojojo:20170109015956j:plain

HDR対応ハードと言うことでForza Horizon 3でHDRオンオフの比較をしてみました。

上の画像はXbox oneForza Horizon 3を動かした画像です。HDRには対応していません。

 

f:id:jolnojojo:20170109015950j:plain

そしてこちらがXbox one Sで動かしたForza Horizon 3。違いが分かるように同じロケーションで撮影しました。

こう見ると同じ画面ながら光の加減や色合いなんかがまるで違いますね。この体験ができただけでも本体に4万弱払った価値がありました。

f:id:jolnojojo:20170109020656j:plain

Gears of war 4もHDR対応ゲームということで早速購入。

過去作がダウンロードできる特別コードも付属しています。

日本では発売していない作品のため音声は英語ですが、本体言語を日本語に設定することでメニューや字幕周りは全て日本語でプレイできます。

東芝 REGZA M500Xを購入

PS4 Proを購入後どうしても4K環境が欲しくなったので、値段が手頃だった東芝の4Kテレビ「58M500X」を購入しました。

価格はJoshin webでクーポン諸々を使って14万ちょっと。エントリーモデルのため機能は高価格帯に比べ色々と劣るとのことでしたが、以前使っていた同じく東芝REGZAの「40S5」も低価格帯のテレビだったのでそこら辺は気にせず購入に踏み切りました。

f:id:jolnojojo:20161226001630j:plain

公式サイトの寸法図(https://www.toshiba.co.jp/regza/lineup/m500x/design_02.html#dimensions_58)によると、 

  • 外形寸法:幅130.0cm×高さ81.6cm×奥行き20.2cm
  • 画面サイズ:幅127.0cm×高さ72.1cm/対角146.1cm

となっています。設置初日はあまりの大きさにやらかした感が半端なかったんですが、それも最初だけで一週間も経つと慣れてしまいますね。次は65型でもいいかなと思っています。

f:id:jolnojojo:20161225203445j:plain

f:id:jolnojojo:20161226000716j:plain

裏面の接続端子部分はこんな感じ。

HDMI4つにコンポジット接続端子もあるのでゲーム機の接続端子が足りないということはそうそう無いと思います。

USB端子が録画用以外にもう1つ付いているのが地味に便利。クラシックミニの電源はここから取ってます。

f:id:jolnojojo:20161225203450j:plain

リモコンはこちら。軽くて押しやすいです。

f:id:jolnojojo:20161225203456j:plain

リモコンの設定ボタンを押すとこれらの項目が出てきます。

f:id:jolnojojo:20161225213345j:plain

こちらは映像設定を選んだ画面。

ゲームモードなのでなめらか調整は選択できないようになっています。

なめらか調整は、「オフ」「スムーズ」「クリアスムーズ」と三種類の設定が選べ、スムーズの二種類は4Kテレビならではのヌルヌルとした映像になります。

f:id:jolnojojo:20161225213350j:plain

f:id:jolnojojo:20161225213348j:plain

 映像メニューでは細かく設定が用意されています。

f:id:jolnojojo:20161225203455j:plain

音声設定はあまりいじっていないのでよく分かりませんが、結構細かく設定できるっぽい?

f:id:jolnojojo:20161225203457j:plain

機能設定を選択後の画面。

f:id:jolnojojo:20161225203506j:plain

外部入力設定の画面です。PS4 ProやXbox one Sを4K表示させるためにはHDMIモード選択を通常モードから高速信号モードに変更する必要があります。

f:id:jolnojojo:20161225212106j:plain

変更前

f:id:jolnojojo:20161225212112j:plain

変更後

こうなればOK

 

M500Xにはコンポジット接続端子も付いているので、PS3Xbox360以前のゲームも遊ぶことができます。

f:id:jolnojojo:20161227223641j:plain

ドリームキャストMARVEL VS. CAPCOM 2

f:id:jolnojojo:20161227223647j:plain

PS2エースコンバット5。こちらも文字が潰れることなく出力されています。

f:id:jolnojojo:20161227223648j:plain

最後にゲームキューブスマッシュブラザーズDX。こちらもほぼ問題なし。

最新のテレビでも昔のハードが現役で使えるのは嬉しいですね。

Playstation 4 Proを購入

クラシックミニに続いてPS4 Proもご紹介。

4Kテレビは持っていないのですが、既存のゲームでもフレームレートや処理能力が上がるという話を聞いたので購入に踏み切りました。

 

f:id:jolnojojo:20161110205004j:plain

 

 

f:id:jolnojojo:20161110205007j:plain

HDMIケーブルにアダプター、コントローラ接続用のUSBケーブル、モノラルヘッドセットにデュアルショック4が付属。

デュアルショック4は新型とのことです。

 

 

f:id:jolnojojo:20161110205009j:plain

PS4 Proは全面マット仕様に。旧型のPS4は片側だけ鏡面仕上げになっているのですが、汚れや傷が目立って自分はあまり好きではありませんでした。

 

f:id:jolnojojo:20161110205023j:plain

PS4 Proの裏側。排熱場所が大きく変わっています。

ケーブル類の接続場所が全て同じ高さで統一されたのも個人的には嬉しい

 

f:id:jolnojojo:20161110205019j:plain

旧PS4の裏側はこんな感じでした。Proの方がスタイリッシュにまとまっていて良いですね

 

f:id:jolnojojo:20161110215121j:plain

予想以上にデータ移行に時間を取られてしまい肝心のゲームが遊べない…

FPSトリオがどれだけキレイになるのか早く試したい

 

ニンテンドークラシックミニを購入

予約解禁日に光の速さで予約した『ニンテンドークラシックミニ』が届きました。

6000円でファミコンソフトを30本内蔵と、バーチャルコンソールの価格を考えたらかなりお得です。

 

f:id:jolnojojo:20161110204943j:plain

昔懐かしいあのパッケージを再現

 

f:id:jolnojojo:20161110204947j:plain

HDMIケーブル、USBケーブルにコントローラ2つが付属。

USB用ACアダプタを持っていない場合は別途購入する必要があります。

 

f:id:jolnojojo:20161110204950j:plain

2Pマイクも形だけですがちゃんと再現

 

f:id:jolnojojo:20161110204954j:plain

iPhone5Sとの比較

 

f:id:jolnojojo:20161110204956j:plain

GBAのパッケージと比較。クラシックミニはGBAパッケージよりも気持ち大きめぐらい。

 

このサイズだと持ち運びも簡単だし、コントローラも2つ付いているので実家帰ったときとか持っていけますね。

内蔵30本もメジャーどころを抑えているので皆で楽しめるんじゃないでしょうか。

後は個人的な願望ですが、クラシックミニスーファミverやクラシックミニ64verを是非…!!

PS2 90000を購入

今更感が半端ないですが、以前から薄型PS2が欲しかったので購入しました。

PS2 70000の方が安かったのですが、ACアダプタが内蔵ではないのと、

ディスクに傷が付く場合があるということだったので、PS2 90000を購入しました。

 

f:id:jolnojojo:20160710220352j:plain

本当に小さい本体です。

公式サイトによると、外形寸法:約230×28×152mmとなっています。

Wii Uのコントローラーが255.4×41×133.4mmなので大体同じぐらいですね。

 

f:id:jolnojojo:20160710223846j:plain

 

 

f:id:jolnojojo:20160710220409j:plain

 

f:id:jolnojojo:20160710220440j:plain

PS1のような蓋を開けるタイプになっています。

 

f:id:jolnojojo:20160710220425j:plain

PS2 レーシングパックとの比較画像です。

親子のような体型差です。

 

今まで薄型PS2をマジマジと見る機会がなかったので、改めて本体の小ささに驚いています。

レーシングパックの発売が2003年12月4日で、90000の発売が2007年11月22日ですから、

わずか4年の間にここまでコンパクトにすることが出来るんですね。

技術革新凄まじいです。

ExcelvanのHDMI切替器を購入

たまたまAmazonでセール特価で売っていたのを見つけたので確保しました。

自動切り替え機能付きで入力4つに出力1つのHDMIセレクターです。

 

f:id:jolnojojo:20160703142719j:plain

パッケージ。

 

f:id:jolnojojo:20160703142727j:plain

裏面。日本語の説明が若干怪しい…

 

f:id:jolnojojo:20160703142734j:plain

本体、ACアダプター、切替用リモコンが付属しています。

 

f:id:jolnojojo:20160703142740j:plain

アダプターを繋げるとPOWERランプが赤く点灯。

画面に表示されているHDMIの番号が緑に点灯します。

 

 

f:id:jolnojojo:20160703142747j:plain

裏面。入力4つに出力が1つです。


f:id:jolnojojo:20160703152502j:plain

使用している最中はこんな感じ。

 

現在、PS4、Xbox oneXbox360WiiUを接続しています。

使用して1週間ほどですが、自動切替の暴発は今のところありません。

切替もスムーズに行えます。

 

私が使っている液晶テレビは接続口が2つしかなかったので、

これでやっとHDMI不足から開放されました。

 

 

 

 

PS2のHDMI接続を可能にするコンバーターを購入

f:id:jolnojojo:20160626111707j:plain

唐突に液晶テレビPS2やりたい欲が高まったのでExcelvanのG300を購入しました。

2000円弱の低価格でありながら、遅延無しに画面くっきりと必要な要素は全て満たしてくれている優れ物です。

 

f:id:jolnojojo:20160626111720j:plain

コンバーターを使うには、480i、480p、576iに対応しているモニターじゃないといけないみたいです。

コンポジット接続が付いてるモニターや液晶テレビなら問題ないと思いますが、HDMI接続のみの場合は事前に確認する必要があります。

 

 

f:id:jolnojojo:20160626111710j:plain

コンバーターとUSBから電源を取るためのケーブルが付属しています。

 

f:id:jolnojojo:20160626111713j:plain

接続はこんな感じ。

USBはPS2前面のUSBスロットに入れます。

また本体を縦置きにするとUSBケーブルが干渉してしまうので、別途L字型のUSBケーブルを購入する必要があります。

 

f:id:jolnojojo:20160626111718j:plain

DDR EXTREMEのオプション画面を撮影しました。

文字がくっきりと見えます。

 

f:id:jolnojojo:20160626111715j:plain

こちらは同じ液晶テレビにコンポジット接続した画面。

やはりボヤけて見えますね。

 

f:id:jolnojojo:20160626111723j:plain

ブラウン管テレビに繋いで同じ画面を撮影してみました。

見にくいですが、文字のくっきり具合はHDMI接続とは雲泥の差です。

 

遅延については最初に記述した通り、ほとんど感じませんでした。

DDR EXTREMEにはMAX300という楽曲テンポが非常に速い曲がありますが、それもブラウン管と同じ感覚でプレイすることができました。

 

f:id:jolnojojo:20160626111758j:plain

エースコンバット0もこの通り。

ブラウン管だと無線の文字が潰れてまともに読むことができませんでしたが、HDMI接続だと読むことができます。

 

 

この製品で唯一気になった点は、画面がぶれたり、表示されなくなるケースが何度かあったことです。

これに関しては古いHDMIケーブルを使っているのも原因のうちかもしれないので、近い内に新品で確認したいと思います。

 

 

このコンバーターによって埃を被ってたPS2が再び日の目を浴びました。

最近はPS4よりも稼働率が高いです。

昔のハードなのでソフトの中古価格も底値ですし、ソフト資産もかなりの数ですので当分飽きずに遊べそうです。